不動産の危機をいち早く配信する不動産バブルオンライン

前のページへ戻る

不動産バブル崩壊が近づいている?

現在、東京を中心とした大都市圏では、不動産価格の高騰、利回りの低下が進んでおります。

銀行金利の引き下げ、融資審査の緩和、インバウンドの流れ等が加速し、市中に資金が溢れ、行き場のないマネーが不動産へと集中しています。
問題となるのは、銀行の甘いローン審査です。
都心部の物件であれば無条件で高い担保評価を行ない、低金利で融資を実行しています。

融資を実行する対象は幅広く、不動産REIT、私募ファンド、事業法人のみならず、一般サラリーマンの個人投資家にも沢山融資を実行しています。

所得水準から見てギリギリの返済比率になっている事が多く、ちょっとでも市況が悪くなれば、金利が上がれば、家賃の目減りが起これば、一気に赤字転落、焦げ付き、かつてのアメリカサブプライムローンに近い現象が起こる事も、決して否定出来ません。

不動産バブル崩壊の予兆を掴み、安心な資産運用を

「不動産バブルオンライン」では、日本や世界各地の不動産バブル情報、関連情報をいち早くキャッチし、迫り来るXデーに備え、皆様にヒントとなる情報をお伝え致します。

資産運用において一番大切なのは、「儲ける事」ではなく「損をしない事」です。

不動産、株などのバブルと崩壊は常に周期的に繰り返されています。
株高が続く今だからこそ、不動産バブルオンラインをチェックして、安心安全な資産運用にお役立て下さい。

REITチャート

(NEXT FUNDS)東証REIT指数連動型上場投信


チャート画像