不動産の危機をいち早く配信する不動産バブルオンライン

real estate survey

重要事項説明に伴う「不動産調査」について

<不動産調査とは> 不動産調査とは物件調査のことで、不動産の売買や賃貸等を行う際に、売主買主双方の仲介業者(宅地建物取引業者)等が行う調査のことです。 宅地建物取引業法第35条では、不動産の売買契約の前に、「重要事項説明…

23区新築マンション、2017年の初回販売率過去最低に。〜2013年以降5年間の販売推移を集計〜

新築マンション業界で導入シェア9割のマーケティングシステム“サマリネットシリーズ”を提供する株式会社マーキュリー(本社:東京都新宿区 代表取締役:陣 隆浩)は、 東京23区で総戸数100戸以上の新築分譲マンションを対象に…

inspection real estate

宅建業法改正 インスペクション(ホームインスペクション)とは

平成30年4月1日に宅建業法が改正され、新たに「インスペクション(ホームインスペクション)」の説明が義務付けられました。 インスペクションとは「住宅診断」のことです。 欧米では住宅を購入する際に、当たり前のようにインスペ…

CBREが主要都市の路面店舗の市場動向レポート(2018年第2四半期)を発表銀座ハイストリート賃料は2018年Q2を目処にゆるやかな回復傾向に転じると予測

銀座ハイストリートの空室率は対前期比0.1ポイント低下の1.7% CBRE(日本本社:東京都千代田区丸の内)は本日、 2018年第2四半期(Q2)の路面店舗の市場動向を発表しました。 【注目動向】 2018年6月の訪日外…

CBREがプライムオフィス賃貸コスト調査の結果を発表 香港(セントラル)の賃貸コストが今年もトップ 東京は8位にランクダウン

マンハッタン(ミッドタウンサウス)の賃貸コストは過去最高に CBREが発表した「グローバルプライムオフィス賃貸コスト」調査のレポートによると、 香港(セントラル)が引き続き世界で最もオフィス賃貸コストが高いマーケットとい…

myhome

「売却の窓口(R)」に東宝ハウス横浜が加盟

~正しく価値のある住宅流通事業における高付加価値なサービス提供に向け、 売却の窓口(R)に加盟~ 付加価値仲介による安心・安全な既存住宅流通をテーマとした全国ネットワーク「売却の窓口(R)」( http://www.ba…

teikisyakuya

「定期借家制度」について

    <「定期借家契約」と「定期借家制度」の違い> 一般的によく使用される「定期借家権」は、正確には法律上の用語ではなく「慣例的通称」である。 ●定期借家契約:契約で定めた期限が来ると契約が必ず終了…

【2018年】不動産バブル崩壊、それはいつなのか?

今、不動産バブルなのか? 現在の株価は本当に実態経済を反映しているのでしょうか。 企業の利益という観点から見ると株価は正常です。 政権も安定しておりますし、海外の株価も上がっているのでバブル時のような実態を伴わない動きで…

郊外の町並み

人気の郊外エリアは不動産バブル崩壊の可能性アリ!?

不動産は新築で分譲される時よりも、中古で流通する時の方が価格が下がるのが一般的です。これは単純に古くなったからという理由だけではありません。たとえば新築された頃に比べて、その地域への需要がなくなってしまったということは頻…

real-estate

不動産バブル崩壊で見えた人気の高いエリア、低いエリア

不動産バブルは1989年から1991年までのおよそ3年間に起こりました。当時は、都市部を中心に、それまでの地下の2倍から5倍ぐらいまでにふくれあがっていました。当時土地を売却した人は運が良く、土地を購入してしまった人は運…