不動産の危機をいち早く配信する不動産バブルオンライン

【2018年】不動産バブル崩壊、それはいつなのか?

今、不動産バブルなのか? 現在の株価は本当に実態経済を反映しているのでしょうか。 企業の利益という観点から見ると株価は正常です。 政権も安定しておりますし、海外の株価も上がっているのでバブル時のような実態を伴わない動きで…

郊外の町並み

人気の郊外エリアは不動産バブル崩壊の可能性アリ!?

不動産は新築で分譲される時よりも、中古で流通する時の方が価格が下がるのが一般的です。これは単純に古くなったからという理由だけではありません。たとえば新築された頃に比べて、その地域への需要がなくなってしまったということは頻…

real-estate

不動産バブル崩壊で見えた人気の高いエリア、低いエリア

不動産バブルは1989年から1991年までのおよそ3年間に起こりました。当時は、都市部を中心に、それまでの地下の2倍から5倍ぐらいまでにふくれあがっていました。当時土地を売却した人は運が良く、土地を購入してしまった人は運…

不動産バブル崩壊で広がる地域格差

不動産価格の高騰は、好景気の象徴ですが、一度バブルがはじけてしまうと一気に値下がりして、今度は逆に不景気の象徴になってしまいます。 では、最近の不動産市場を見ていきますと、東京オリンピックなどによる都心の再開発を受けて、…

不動産バブル崩壊 不動産が下落しているエリア

不動産が下落しているエリアとは、土地や建造物の価値が減少傾向にある地域のことです。 この地域では土地や建造物価格が不安定になる傾向があり、税収や経済面で社会的不安要因になる事が懸念されています。 取得時に得られる利益より…

キーウォーカー、不動産ビッグデータから間取りごとの賃料減少率の違いを分析 〜ファミリー向け賃貸物件の賃料は築20年で半額に? ビッグデータから明らかにする物件の構造・間取りと経年による賃料減少の関係性

株式会社キーウォーカー(東京都港区、 代表取締役 真瀬正義)は、 独自開発のWEBクローラ「キーウォーカーWEBクローラ」により取得した不動産物件データを分析し、 物件の築年数増加に伴う賃料減少率は物件の構造・間取り・所…

日管協、IT・シェアリングにより空き地問題の解決を目指す

少子高齢化や人口減少等により、 各地で空き家をはじめとした空きスペースが増加している。 空きスペースの増加は経済的な不利益を生むだけでなく、 人の出入りが無くなり防犯面でも悪影響をもたらす。 一方で、 空き地を駐車場に変…

CBREが日本不動産投資家意識調査2018年 ~ 日本の不動産投資戦略 ~ レポートを発表

CBRE(日本本社:東京都千代田区丸の内)は本日、 「CBRE投資家意識調査2018(CBRE Investor Intentions Survey 2018)」の結果に基づき、 日本の投資市場についてまとめたレポートを…

賃貸経営ソリューションビジネスサービス「満室の窓口」開発!

クラスコ(以下、 クラスコ)は全国の不動産賃貸管理会社に対し、 日本の賃貸住宅を満室にするソリューションビジネスサービス「満室の窓口」の開発を始めたことをお知らせします。 ■背景 日本では少子高齢化により全国の空室率平均…

大空室時代の大家さんに朗報!賃貸仲介業者リストから募集依頼したい店舗を選んで空き室情報を一斉配信!【PR配信】機能リリースのお知らせ

大家さんのための賃貸管理ソフト『大家CLOUD』(提供:ココレア株式会社)は新たに賃貸仲介店舗のリスト提供を開始し、 大家さんの物件所在地に最適な仲介業者を自動で抽出・選択して空室の募集依頼を一斉に配信できる【PR配信】…