不動産の危機をいち早く配信する不動産バブルオンライン

real estate survey

重要事項説明に伴う「不動産調査」について

<不動産調査とは> 不動産調査とは物件調査のことで、不動産の売買や賃貸等を行う際に、売主買主双方の仲介業者(宅地建物取引業者)等が行う調査のことです。 宅地建物取引業法第35条では、不動産の売買契約の前に、「重要事項説明…

CBREが投資市場動向(2018年第2四半期)を発表 日本の事業用不動産投資額は5,010億円で対前年同期比7.2%増オフィスの期待利回り、3都市で調査開始(2003年7月)以来の最低値を更新

2018年Q2の世界の事業用不動産投資額は2,310億ドル、対前年同期比3.2%減 CBRE(日本本社:東京都千代田区丸の内)は本日、 2018年第2四半期(Q2)の投資市場動向(Japan Investment Mar…

inspection real estate

宅建業法改正 インスペクション(ホームインスペクション)とは

平成30年4月1日に宅建業法が改正され、新たに「インスペクション(ホームインスペクション)」の説明が義務付けられました。 インスペクションとは「住宅診断」のことです。 欧米では住宅を購入する際に、当たり前のようにインスペ…

CBREが全国13都市のオフィスビル市場動向(2018年第2四半期)を発表全ての都市、グレードで賃料が上昇東京グレードA賃料も、当面はわずかながら上昇が続く見通し

東京:オールグレード空室率は最低値を更新 大阪:空室率は低位横ばい、賃料上昇が継続 名古屋:オールグレード空室率は初の2%割れ CBRE(日本本社:東京都千代田区丸の内)は本日、 2018年第2四半期(Q2)の全国13都…

一棟マンション価格、3カ月連続下落

不動産投資サイト「楽待」( https://www.rakumachi.jp )を運営する株式会社ファーストロジック(東京都千代田区、 東証一部上場)は、 同サイトにおける投資用不動産市場調査4~6月期の結果を公表いたし…

キーウォーカー、不動産ビッグデータから間取りごとの賃料減少率の違いを分析 〜ファミリー向け賃貸物件の賃料は築20年で半額に? ビッグデータから明らかにする物件の構造・間取りと経年による賃料減少の関係性

株式会社キーウォーカー(東京都港区、 代表取締役 真瀬正義)は、 独自開発のWEBクローラ「キーウォーカーWEBクローラ」により取得した不動産物件データを分析し、 物件の築年数増加に伴う賃料減少率は物件の構造・間取り・所…

CBREが日本不動産投資家意識調査2018年 ~ 日本の不動産投資戦略 ~ レポートを発表

CBRE(日本本社:東京都千代田区丸の内)は本日、 「CBRE投資家意識調査2018(CBRE Investor Intentions Survey 2018)」の結果に基づき、 日本の投資市場についてまとめたレポートを…

第40回マンション購入に対する意識調査の公表

購入意欲が「増している」と感じつつも、大型物件が一巡し「購入したい物件数」は減少 ■購入意欲が「増している」「やや増している」との回答48.7%と前回調査より、  上昇している ■消費税増税前に「購入したいと思う」との回…

資産性の保たれやすいマンションがわかる首都圏エリア別「沖式儲かる確率上位マンションランキング」2018年2月版公表

首都圏エリア別「沖式儲かる確率上位マンションランキング」2018年2月版公表 都心1位が「DEUX TOURS CANAL&SPA (ドゥ・トゥール)」、23区西・北は「オープンレジデンシア新中野」不動産ビッグデータでビ…

購入したマンションの資産性は高い?低い? 2018年度版 分譲年別&行政区別 マンション中古騰落率発表

首都圏トップは2001年の千代田区38.7% マンション情報サイト「住まいサーフィン」( https://www.sumai-surfin.com/  運営:スタイルアクト株式会社、 本社:東京都中央区、 代表取締役:沖…