不動産の危機をいち早く配信する不動産バブルオンライン

キーウォーカー、不動産ビッグデータから間取りごとの賃料減少率の違いを分析 〜ファミリー向け賃貸物件の賃料は築20年で半額に? ビッグデータから明らかにする物件の構造・間取りと経年による賃料減少の関係性

株式会社キーウォーカー(東京都港区、 代表取締役 真瀬正義)は、 独自開発のWEBクローラ「キーウォーカーWEBクローラ」により取得した不動産物件データを分析し、 物件の築年数増加に伴う賃料減少率は物件の構造・間取り・所…

CBREが日本不動産投資家意識調査2018年 ~ 日本の不動産投資戦略 ~ レポートを発表

CBRE(日本本社:東京都千代田区丸の内)は本日、 「CBRE投資家意識調査2018(CBRE Investor Intentions Survey 2018)」の結果に基づき、 日本の投資市場についてまとめたレポートを…

第40回マンション購入に対する意識調査の公表

購入意欲が「増している」と感じつつも、大型物件が一巡し「購入したい物件数」は減少 ■購入意欲が「増している」「やや増している」との回答48.7%と前回調査より、  上昇している ■消費税増税前に「購入したいと思う」との回…

資産性の保たれやすいマンションがわかる首都圏エリア別「沖式儲かる確率上位マンションランキング」2018年2月版公表

首都圏エリア別「沖式儲かる確率上位マンションランキング」2018年2月版公表 都心1位が「DEUX TOURS CANAL&SPA (ドゥ・トゥール)」、23区西・北は「オープンレジデンシア新中野」不動産ビッグデータでビ…

購入したマンションの資産性は高い?低い? 2018年度版 分譲年別&行政区別 マンション中古騰落率発表

首都圏トップは2001年の千代田区38.7% マンション情報サイト「住まいサーフィン」( https://www.sumai-surfin.com/  運営:スタイルアクト株式会社、 本社:東京都中央区、 代表取締役:沖…

CBREが三大都市圏の賃貸大型物流施設の市場動向(2017年第4四半期)を発表首都圏の空室率は4.9%に低下、5%を下回るのは2015年Q3以来9四半期ぶり

エリア別の空室率は全エリアで低下- 東京ベイエリアでは6.2%、外環道エリアは1.4%、国道16号エリアは1.4%、圏央道エリアでは17.8%に CBRE(日本本社:東京都千代田区丸の内)は本日、 三大都市圏(首都圏・近…

CBREが全国13都市のオフィスビル市場動向(2017年第4四半期)を発表東京のグレードA賃料は2018年末までに3.0%の下落を予想

地方都市では賃料上昇が続く CBRE(日本本社:東京都千代田区丸の内)は本日、2017年第4四半期(Q4)の全国13都市オフィスビル市場動向を発表しました。 【東名大の注目動向】 ●東京グレードA空室率は対前期比-0.7…

JLL、2018年注目するアジア太平洋地域の不動産市場動向を予測

インドに対する高まる投資意欲とアジア太平洋地域での更なる不動産テックの拡大 (2018年1 月4日にシンガポールから発表されたリリースの抄訳版です) 東京 2018年1月22日 – 総合不動産サービス大手のJLL(本社:…

投資用一棟マンション、2カ月連続価格上昇

不動産投資サイト「楽待」(https://www.rakumachi.jp)を運営する株式会社ファーストロジック(東京都千代田区、代表取締役:坂口 直大、東証一部上場)は、同サイトにおける投資用不動産市場調査10~12月…